カードローンの便利な使い方とは

私のカードローン体験談

私のカードローン体験談について記載致します。

 

これは学生時代の話ですが、当時はサークルでの頻繁な飲み会や洋服代、彼女とのデート代、ギャンブル代など、生活がかなり派手になっていて、月々のアルバイト代や実家からの仕送りだけでは賄いきれなくなる月もありました。
だいたいにして、とくに服に興味を持ち始めたころと、その当時は、いわゆるヴィンテージデニムという昔のリーバイスとかがすごく人気で、皆古着屋さんに通っては、今では信じられないと思いますが、ジーパン1本50万とか平気で値段が付いていて、そしてみな平気でそれを購入していました。
私はそんな余裕があるわけ当然なくて、その他の出費も重なり、カードローンの助けを借りて、それでも5万くらいのジーパンを購入したりしていました。
そのジーパンは今でも大切にはいていますし、誰も周りにはいている人がいないので、いわゆる自己満足そのものなんですけど、購入して良かったなと思うほど、とても気に入って愛用しています。

 

カードローンを借りるきっかけは、まず学生では基本的に借りれないと思っていたのですが、いろいろ知らべてみると、アルバイトでも毎月一定の安定した収入があれば、学生でも作成可能なカードローンがあると、その存在をはじめて知って、作成することにしました。

 

カードの作成は店舗で行いましたが、身分証明証の提示と書類への簡単な記入のみで比較的短時間でカードを作成することができました。

 

それからも交際費をはじめ、上記同様に気に入った古着を見つけては、なぜかカードローンをATMから引き出す際に、それはもう自分の貯金ではなく、借入なのに、あと10万引き出すことができるという錯覚になり、モノを欲しさに借り入れてみたり、生活が苦しくなる度にキャッシングを繰り返し、数年後には利用可能限度額の50万円まで借金が膨れ上がりました。

 

就職も内定していたのでこのままではマズイと考え、そこからは生まれ変わったように生活レベルを落として非常に質素な生活をして、何とか卒業までに完済することができました。

 

学生でも比較的簡単に作成できて、キャッシングができますので、まるでその限度額が、自分の貯金のように感じてしまうマジックがあると思います。

 

他の人はそんなことはないかも知れませんが、カードローンで決まり文句で言うところの「ご利用は計画的に」とは、まさにその通りで、ついついプライベートで散財していては、一瞬にしてその限度額まで借入が膨らみ、そこからの返済は自分との戦いになるので、使い方には十分に注意した方が良いでしょう。

 

ただ、上手に使用できれば本当に便利なカードだと思います。

 

大阪の街金即日融資と同じ感覚

お金の貸し借りの契約というと、すごく難しいものを想像される方も多いようです。
銀行などで借り入れる場合には契約に出向いたりといった作業が必要ですが、消費者金融のキャッシングの場合にはそんな手間はかかりません。

 

大きな駅前のATMには自動契約機という契約をする機械が設置されています。
自動契約機はATMを大型化したような無人のブース。

 

営業時間中の好きな時間に自動契約機を利用することによってキャッシングの申込みができるように、例えば大阪の街金でも即日融資を受ける場合は窓口に出向くのは基本にはなりますが、金融機関の担当者の都合に合わせる必要がないというのが、忙しい現代人には便利ですよね。

 

機械といっても、操作は簡単。

 

基本的には、タッチパネルを押すだけの操作になりますので、スマートフォンを使っている方なら問題なく操作できます。
また、契約をしていて分からないことや疑問点がある場合には、自動契約機に設置されているホットラインを通して消費者金融の担当者とすぐに問い合わせをすることができるのです。

 

自動契約機を利用すればキャッシングの契約は難しいなどということはありません。
ぜひ、自動契約機を一度利用してみて欲しいと思います。

更新履歴